スマートフォンサイトへ

お見合い婚活東京都豊島区のムスビメ結婚相談所

ムスビメ結婚相談所→ムスビメのほほんブログ

結婚相談所 池袋支部

結婚活動・お見合いパーティについての、ご相談・電話相談は無料まずはお電話ください。

ご来訪予約・
お問い合わせ先

メール電話番号 03-6912-6283

営業時間 (完全予約制)休業日 木曜日・火曜日(不定休)

ムスビメのほほんブログ

池袋 結婚相談:<失敗は成婚の糧?>インターネットお見合い②

更新日[2017/05/29]

自己PR

今日も私が実際体験したり、聴いたりしたことを基に、テーマを設けて書いてみたいと思います。
注意:4コマ漫画はもちろんフィクション。落ちもありませんが、話の前振りと思ってご辛抱ください。

今回のテーマはインターネット上での「自己PR」です。

昔(2004年頃)も今も、インターネットの知識が「普通レベルの人」にとって、「自分」でお相手を検索し、「自分」で申し込み、実際に「会える」のは簡単ではありません。私のいたところは、会員になると全国の女性会員の顔写真とプロフィールが見放題。(もちろん女性側も同様。)ものすごい量の中から、検索機能等を使って選択し、会が管理するメールシステムを使用して、お相手に「自分」で申し込みます。期限内にお相手から仮メール交際OKが来れば、数週間くらい管理メールで、交際するか見定めのメール交換、それをクリアーすると晴れて正式交際(つまりデート)となる訳です。

「交際」までかなりたくさん障壁がありますね。メール交換でOKを取るには、余程、メールやプロフィール上で、好印象を与えるアピール力が無いと、まずダメです。

特に文書力。プロフィール掲載ページの自己PRと、申し込む際のメッセージは、すべてテキストなのですから。
他のライバルとは「ここが違う」という差別化を意識して、要点を相手にわかり易く簡潔に書くことがポイント。
平安時代の男女交際の「文」みたいなものです。ちなみに平安時代の男性の「文」の差別化は和歌の巧拙です。これも大変。

さて、私のアピール文も始めは、自分がいかに「良い人」かをアピールする為、文字制限いっぱいまで、ずらずらとビッチリ書き込む。丁度、就職活動の履歴書や職務履歴書に延々自分の業績を書くのと同じです。相手の読みやすさなんて眼中にないのです。結局、相手は見ただけで読む気が失せてしまいます。

だから、まず申し込んでも音沙汰なしでした。自分では良かれと思った情報の羅列は、上の漫画でふくろう(スー)が、PCで打ちこんだ「ふくろう語?」と五十歩百歩なのです。(この項もそうかな?)

今は自己PR動画を配信する所もあるようですが、どのような業態の結婚相談所でも、自分を選択してもらう為の「自己PR」は一番重要です。私や全国仲人連合会の仲人は、会員さんと一緒にこの課題に取り組みます。私は会員さんのセールスポイントを常に会員さんと話しをしながら探すようにしております。こういう点がネット型やマッチング型よりも仲人型の良い特長です。

自己PR


このエントリーをはてなブックマークに追加

ムスビメのほほんブログナビ

最新の記事一覧


▶ムスビメのほほんブログ

東京都の結婚相談所、全国仲人連合会池袋支部では、東京都、東京23区、豊島区、埼玉県、千葉県、
神奈川県にお住まいの皆様からはもちろん、広域からのご相談をお待ちしています。

東京都豊島区にある結婚相談所 池袋支部は、
20歳以上の独身の方のみご利用いただけます。


TOPへ 上へ
Copyright(c) 2022, ムスビメ結婚相談室 All Rights Reserved.